プロフィール

嶋村一徳(しまむら いっとく)

誕生日:1963年5月
出身地:京都
同志社大学商学部卒業

幼少よりピアノを弾く等音楽に親しみ、12歳頃ドラムを始める。大学在学中はジャズコンボやビックバンドに所属、「山野ビックバンドジャズコンテスト第15回大会」では特別賞、「宝塚ビックバンドコンテスト」ではグランプリ、個人賞を受賞。この頃からスタジオワークや、ライブ等でプロ活動を開始。大学卒業後一旦就職のため上京、サラリーマンに。しかしこの頃も音楽活動は地道に続け、ライブ等で腕を磨く。1990年には4年4ヶ月勤めた会社を辞め、ドラムに専念。

TVものまね王座決定戦で入賞遍歴を重ねる「布施辰徳」にて、スピーディかつパワフルなディナーショーをもサポート。「デーモン小暮の邦楽維新」では数々の邦楽器奏者とのコラボレーションをプログレッシヴにサポート。フュージョンバンド「WYSIWYG」に参加、シュアーかつタイトなドラミングのみならず作編曲でも才能を発揮。最近ではコンテンポラリー・プログレッシヴ・ジャズバンド(CPJ)「Junky Funk」「Line Drive」に参加、変拍子かつ奇数連符を多用したポリリズミックなアプローチを聞かせる。

最近では、キャバレー老舗「ハリウッド」池袋店専属バンド「サウンド・フォーカス」のレギュラー・ドラマーを務める。

■演奏遍歴
松井秋彦(p,g,b,ds)、音川英二(ts)、岡田治郎(b)、新澤健一郎(key)、渡辺ファイアー(as)、大高清美(org)、矢堀孝一(g)、粥川なつ紀(as)、The Bells(cho)、Dream Girls(ライブハウス)、日野皓正(tp)、マルタ(as)、布川俊樹(g)、布施辰徳(ものまね)、パパイヤ鈴木(ビーボさん)、コミックソング研究所(某国営放送)、キリンジ(オルタナティヴ・J-POP)、デーモン小暮(悪魔)、菅原洋一(シャンソン)、グラシェラ・スサーナ(アルゼンチン・タンゴ)メアリー・ダン(アイリッシュ)、アラン・アカカ(ハワイアン)、五島良子(ネスカフェ)、内藤やす子(ヘビメタ歌謡)、Begin(沖縄ブルース)、中原めい子(君達キウイ)、増田恵子(ピンクレディ1/2)、平野忠彦(オペラ)、大浦みずき(元宝塚)、加納竜(男優)、秋川リサ(女優)、東京パノラマ・マンボ・ボーイズ(いかさマンボ)、ジョー山中(人間の証明)、あいざきしんや(元アイドル)、トミーズ雅(吉本芸人)、間寛平(あへあへ)、竹村健一(だいたいやなぁ・・・)、サンディ(犬)他。(順不同)

(2013/04/12)